〈これから夏だけどw〉オールシーズンタイヤについて再考・販売銘柄を一挙紹介


当サイトでも以前に取り上げたことのあるオールシーズンタイヤ。

日本ではまだ定着しているとは言えないこのオールシーズンタイヤと、冬によく使われるスタッドレスタイヤの違いなど、価格、寿命、雪上での性能にどのような差があるのだろうか。有名メーカーのおすすめオールシーズンタイヤを改めて見ていきながら、おすすめの商品を考えてみたい。

◇ オールシーズンタイヤについて 

オールシーズンタイヤとは、一般的に装着されている、サマータイヤ、ノーマルタイヤなどと呼ばれている「夏用タイヤ」、スタッドレスタイヤと呼ばれる「冬用タイヤ」の両方の特性を持つ全天候型タイヤである。

日本ではあまりなじみのないオールシーズンタイヤだが、ヨーロッパや北米では普及が進んでおり、一般的なタイヤとなっている。

夏と冬の2つのタイヤの特性を併せ持ち、夏の乾いた路面から、雨で濡れた路面、チェーン規制の冬の雪道なども走行できるオールシーズンタイヤだが、スタッドレスタイヤに比べれば雪道・凍結路での性能は劣り、また相反して夏用タイヤに比べると、転がり性能、燃費性能は劣っている。

北海道や東北日本海側、北陸など降雪が多く豪雪地帯など、路面の凍結が起こるような寒冷地であれば、上記の理由により冬用タイヤとしての利用はスタッドレスタイヤと分けて使うべきである。

一方、東京都心部や仙台などの太平洋側にあって降雪が年に1~2回あるかどうかの地域であれば、シーズン毎にタイヤの履き替えを行うことなく、「オールシーズン」で利用が出来るだろう。

スタッドレスタイヤとは

スタッドレスタイヤは、冬に路面凍結や積雪などによって滑りやすい状況でもしっかりと路面を捉えて、高い制動力を発揮してくれるタイヤだ。

メーカーごとに特性や特許により謳い文句はさまざまだが、発泡・気泡・クルミなど性格は違う。

前述の降雪エリアで、日ごろから車を運転する場合、スタッドレスタイヤは必須だろう。また、雪の降らないエリアであっても、スキーや帰省などで雪の降る地域などに行く場合も同様である。

しかし、路面凍結のあまりない地域の方は、大雪予報の前日にあわててスタッドレスタイヤに交換する程度で、普段はずっと保管したままの方も多いかと思われる。

そういった地域の場合、価格の割に出番が少なく、保管スペースの問題や、そもそも季節に合わせての履き替えが面倒という方には夏用・冬用どちらも持つのは面倒かもしれない。

 

◇ オールシーズンタイヤとスタッドレスタイヤの比較 

オールシーズンタイヤでは、ノーマルタイヤではスリップしてしまう路面状況でも走行できるのが特徴であり、雪の状態にもよるが、浅雪や圧雪路、シャーベット状の雪であれば走行可能だ。

しかし、スタッドレスタイヤでは走行可能な凍結したアイスバーンでは対応していない

オールシーズンタイヤは、夏用タイヤに近いゴム素材を利用しているため、アイスバーンのような滑りやすい路面の走行は対応していない点に注意されたい。

したがって、降雪量が多い時や、路面凍結が起きやすい地域にお住まいの場合は、やはりスタッドレスタイヤの装着が必要となってくる。

性能の違い

浅い雪道や圧雪路、シャーベット状の雪であれば、オールシーズンタイヤ、スタッドレスタイヤともに走行安定性にそれほど大きな差はないようだ。

しかし、降雪量が多くなると、スタッドレスタイヤの方が性能が良い分、安定して走行でき、安心である。

理由としては、オールシーズンタイヤが寒い雪道から夏の熱い路面にも対応したゴムを使用しているのに対し、スタッドレスタイヤは冬の雪道走行だけを想定した柔らかい素材で吸水性に優れたゴムを使用し、雪道特有の路面状況に対応しているためである。

多少の雪ならば、オールシーズンタイヤでも無問題だが、雪の量が多くなるとスタッドレスタイヤで走行できてもオールシーズンタイヤでは走行できないという場面が出てくるだろう。

また、前述のようにアイスバーンの走行は、タイヤがスリップしてコントロール不能となる恐れがあり、路上で走行不能となると多くの人に迷惑をかけることにもなる。

普段は降雪量の少ない都心部に住んでいても、冬にスキーやスノーボードに出掛けるという場合には、オールシーズンタイヤよりもスタッドレスタイヤにするべきなのである。

ただし、チェーンを装着すれば、スタッドレスに履き替えなくてもオールシーズンタイヤで走行可能となる。

価格の違い

「オールシーズンタイヤ」、「夏タイヤ」、「スタッドレスタイヤ」で、当然ながら価格差はメーカーによってマチマチだが、通年で使用できるという点で、オールシーズンタイヤがコストパフォーマンスがもっとも良いといえる。

燃費の違い

夏タイヤとの違いについて、走る、とまる、曲がる、という基本性能は普通に走る分には大差はないかと思われる。しかし、スポーツタイヤのように強力なグリップを求めたり、低燃費タイヤのような燃費性能を求めたりするのであれば、それ専用につくられているタイヤには当然及ばない。

寿命の違い

各タイヤの寿命についての目安はは一般的に、

夏タイヤ・・・製造年数から4~5年
スタッドレスタイヤ・・・製造年数から3年
オールシーズンタイヤ・・製造年数から4~5年

と言われている。

◇ オールシーズンタイヤは日本ではあまり浸透しないのか 

ヨーロッパや北米では既に主流になっており、新車装着されることも多い「オールシーズンタイヤ」だが、なぜ日本ではまだまだなじみが少ないのか。

原因は、自動車やタイヤに対する考え方の以下のような日本の国民性に起因しているとも言われているようだ。

・過剰なまでに車を大事に扱う人が多い(キズ、コーティングなど)

・タイヤをドレスアップやカスタマイズの対象と捉える人が多い(最近は45~30といった低扁平タイヤが人気だが、オールシーズンタイヤには低扁平設定がない、または少ない)

・タイヤの性能を車の性能の一部として考えている人が多い

また、狭い車道の多さや道路に対する車の密集度の高さなど、事故回避や安全性を重視する傾向があるのも一因と言われているようである。

ヨーロッパや北米は車道も広い地域が多く、降雪時に多少のスリップがあったとしても、日本ほど重大な事故にはつながりにくく、雪が降ってもそこそこ走れるため、オールシーズンタイヤは浸透していった。

一方、日本では、冬になるとチェーンの要らないスタッドレスタイヤを、それ以外の季節はハイグリップタイヤやエコタイヤを好むという2極性の傾向があるというのも一理となっているようだ。

 

オールシーズンタイヤをメーカー別に紹介

最後に、オールシーズンタイヤを「グッドイヤー」「ピレリ」「ミシュラン」「ファルケン」「ブリヂストン」の5つのメーカー毎にそれぞれ紹介してみたい。

グッドイヤー ベクター フォーシーズンズ ハイブリッド

画像をクリックすると商品ページにリンクします

GOODYEAR(グッドイヤー) オールシーズン Vector 4Seasons Hybrid

雪上走行では、見事に夏タイヤとスタッドレスタイヤの中間的性能を示している。

冬場の都市部でも安全な運転をしていれば、十分にその性能を期待することができ、突然の雪に対応するには適したタイヤといえるだろう。

 

ピレリ スコーピオン ヴェルデ オールシーズン

PIRELLI(ピレリ) オールシーズンタイヤ SCORPION VERDE ALL SEASON 245/65R17 111H XL


画像クリックで商品ページへリンクします

F1でもお馴染みのピレリタイヤが販売しているオールシーズンタイヤ。

SUV用に開発されたオールシーズンタイヤとなっている。乾いた路面から雪道まで高いパフォーマンスを発揮し、乗り心地も良くタイヤ寿命も長いのが特徴であるが、商品販売サイトでは夏用タイヤとしての利用を勧めている点に注意。

 

ピレリ P-ZERO NERO ALL SEASON

F1でもお馴染みのピレリタイヤが販売しているオールシーズンタイヤ。

スポーツモデルのP-ZEROシリーズのオールシーズンタイヤというだけあってスポーツ走行にもそれなりに対応している。

スポーツ走行もそれなりに楽しみたい人にとっては打って付けだろう。


ミシュラン CROSSCLIMATE SERIES

オールシーズン ミシュラン クロスクライメートプラス MICHELIN CROSSCLIMATE+

雪も走れる夏タイヤ。

天候を問わない走り、買い替え時まで続く安心感。

雪上での安全性能は欧州で認められた冬の高い走行性能。

サマーシーズンでの優れた安全性能
ウェット路面でもドライ路面でも高い夏タイヤ性能を発揮。

低燃費タイヤとしても高い性能を持ち、剛性の高い構造により過大な変形が抑えられ、ロスが少なくスムーズな走りが期待できる。高い排水性で雨の走行でも安心な優れたウェット性能、夏タイヤにも勝る耐摩耗性能が特徴だ。

雪をしっかりつかむ溝形状によって生まれる高いグリップ力により、圧雪、シャーベット路面でも走行可能。

ファルケン EUROWINTER(ユーロウィンター)

日常的な走行では、ドライ・ウエット両面では操縦安定性能を確保。高いトレッド剛性でコーナリングも安定走行が可能。

 

 

 

 

ブリヂストン NEXTRY (ネクストリー) TYPE S

画像クリックで商品ページへリンクします


ゴムバルブ付属 ブリヂストンBRIDGESTONE NEXTRY S

Amazonで見てみる

SはシャーベットのSのことで、名前の通りちょっとした雪道であれば問題なく走行可能。

スクレイプエッジグルーブやマルチパフォーマンスラグなどの新パターンを採用し、エッジ成分を増加することで、浅雪・シャーベット性能に配慮している。


まとめ

純正タイヤと同レベルの性能があり、多少の雪道が走れればOKという考えであれば、年に数回遭遇するか否かの降雪対策のためにスタッドレスタイヤを購入するよりも、経済的な負担が少なくて済み、通年使用できるオールシーズンタイヤを使用するのも選択肢のひとつである。

ただし、過信は禁物。常に安全運転を心がけ、ひどい積雪等のおそれのある場合は必ずチェーンを携行すること。

降雪の少ない地域にお住まいの方は是非試してみては。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。