運転の下手な人の特徴w

「運転 下手な人」の画像検索結果

とある記事より「運転の下手な人の特徴」が挙げられていた。紹介してみたい。

1、「G」を感じる。
2、「急」を感じる。
3、交差点や曲がり角で大回りする。
4、ブレーキとウィンカーの順番が逆。

だそうだ。
たしかに。

多いのは「パーシャルに踏めない人。」
そう、ONかOFFしかないのだ。
ブレーキングもアクセリングも。

AT車のバックでもアクセルをあおる。⇒後方に急発進。
MTの癖が抜けないっていうか。

ブレーキングも。
はじめは少し強めに踏み、踏力をコントロールしながら踏み続ける。
ゆえにガーっととまって完全停止したときに前のめりのGがそのまんま後ろに戻る。
完全停止寸前にちょこっとだけ踏力を緩めてやるとさーっと止まって美しいのだが。
前のめりのGをブレーキング中に後ろに分散させてやる。

理論的にもう少し突っ込んだ話をすると…
上手な人のフルブレーキ時の踏み方は、スイッチのように”ガツンッ!”と踏むのではなく、ある程度”ギュッ”とふんでから、どんどん踏力を上げていく。

なぜ???
これは、荷重と密接な関係があり、はじめの”ギュッ”で、ある程度フロント荷重にしておいて、後はフロントの荷重が増えるに従って ”ジワ~”と、どんどん踏力を上げて行く。
理由は最終的な踏力(ブレーキを踏む力)は同じでも ”ガツンッ”と踏んでしまうと、フロントに荷重が乗りきっていない状態で100%のブレーキをしてしまうので、簡単にタイヤがロックしてしまう。
これはフロントのブレーキ容量が大きな分、荷重が前後均等に掛かっている状態では、フロントの ”グリップ力” に対して ”ブレーキング力” が強すぎるためだ。

また、初期のブレーキングが上手くいって、どんどんフロント荷重になって、それにあわせて踏力を強めていってからフロントタイヤがロックする場合は、そのタイヤの限界をブレーキ踏力が超えた、ということになる。

究極のブレーキングとは・・・
いずれにせよ、荷重変化を上手く使った究極のブレーキングとは、ブレーキの踏み始めで、出来るだけ強く踏み(それでもロックさせないように瞬時にコントロール)、早くフロント荷重状態を作り、後はタイヤの荷重グリップに合わせて踏力をコントロールすること。

しかし、競技では不可欠な荷重移動のかけ方は本当の意味でのプロドライバーかレースで走っていた人でないと、理解したり体得するのはまあ難しいかもしれない。

MT車でドリフトに持ち込むときってヒールアンドトウで体制を崩すわけで。きっかけはブレーキング、つまりトウの踏力である。
ドライビング理論なので、まあ一般の人にとってはブレーキで車の向きを変えるなんて、って思うかもしれないが。

たとえば、高速のランプとか比較的高低差もあってRもきついカーブではほとんどの人が下りの場合ブレーキを踏む。
これを見ていていつも不思議に思う。なぜギアを落としてエンジンブレーキでまわらないか。
こういう人は大概、長い下り坂なんかではずっとブレーキ踏みっぱなし。ブレーキ効かなくなっちゃうよ、と逆こっちが不安になってくる。

エンブレを有効活用しましょうね、という話だ。

「下り坂 ブレーキ」の画像検索結果「下り坂 ブレーキ」の画像検索結果

また、カーブに差し掛かるとカーブの外側に行こうとする遠心力が乗員にかかってくる。
いわゆる横Gってやつだ。
これにブレーキング制動が4輪にかかると余計に危ない。
カーブを曲がるときは駆動輪に動力が行っているような状態にしておけば安全なのだが。

万が一これでリアがスキッドを始め、グリップを失いそうになったとしてもアクセルコントロール+カウンターステアでコントロールできる。
だが、これを怖がって余計にブレーキをかけるとしまいにはスピンの憂き目にあう。

基本的なドライビングテクニックだけど、いちおう教習所でも教わるものである。
下りカーブはアクセルで減速、出口が見え始めたらパーシャルで踏んで出口に差し掛かってアクセルON、だ。
一連の動作の中に「ブレーキング」はない。
せいぜい、カーブに差し掛かる前の減速程度だ。

「助手席 居眠り」の画像検索結果

下手か上手かなんともだが、横に乗る人が車酔いするのは運転手がヘタな証拠。

助手席に乗った彼女がスヤスヤ眠るようでないとwww

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。