速度超過違反が存在するもそれ以上出せるワケ

クルマの速度リミッターは法定速度以上に設定されている。

現在日本の道路で、クルマが出してもいい速度制限のことを「法定速度」と呼ぶ。

道路標識や路面標識などで速度制限の指定がない場合、クルマの法定速度は一般道路では時速60キロ(緊急車両等は時速80キロ)、高速道路では時速100キロ(大型車は時速80キロ)と道路交通法で定められている。

しかし、自動車メーカーから現在販売されているクルマの多くは、時速140~180キロほどのスピードが出るように設計されている。

日本国内で最も速い法定速度は新東名高速道路の時速120キロなので、どんなクルマであっても最高速度は時速120キロ出れば充分なはず。

それなのになぜ、クルマは法定速度を大きく超えた速度が出るように設計されているのか。みなさんも疑問に思ったことが一度はあると思う。

以下がその理由である。

◇ 速度超過違反が存在するもそれ以上出せる理由 

■危険回避をできるようにするため

津波や落石、なだれなどの自然災害、そして事故回避などの非常事態では、法定速度以上のスピードを出さないと危険から身を守れないケースが予想できる。そのため、緊急時にも素早く対応ができるように、時速100キロで走行中のときでも、それ以上のスピードを出せるように作られている。

■急な上り坂でもスピードが落ちないようにするため

道路は平坦なところばかりではなく、高低差がある場所や急激な斜面などもある。また、日本の高速道路は最大勾配が6%(100メートルの水平区間で6メートルの高低差となる勾配)以内になるよう設計されている。

かつて日本で初めての高速道路が開通したとき、当時の国産車の性能で6%の勾配を時速100キロで走るためには、平坦路で時速180キロが出るパワーが必要だった。

■クルマが重くてもスピードが出るようにするため

クルマは車体が重くなればなるほど大きなパワーを必要とする。たとえば時速100キロで走っていても、運転手だけの時と8人フル乗車しているときではよりパワーが必要になってくる。

乗車定員全員が乗った状態や、荷物がたくさん載った状態であっても、時速100キロを維持できるようにパワーに余力を残しているのである。

■クルマへの負担を減らして燃費をよくするため

アクセルを全開にして時速100キロを出すのと、アクセル開度30%で時速100キロを出すのとでは、エンジンの負担が当然変わってくる。時速180キロが出るクルマで時速100キロ巡航するのであれば、アクセルを多く踏む必要も無いので燃費もよくなるというわけだ。

◇ 近い将来はGPSで最高速度が自動制御の可能性

■将来の速度制限アップに対応できるようにするため

道路交通法は毎年のように改正されており、現在の法律では法定速度の制限が時速120キロであっても、将来はこれ以上に引き上げられる可能性もある。現に新東名高速道路では2019年3月より試験的に最高速度が時速120キロまで引き上げており、今後クルマの性能が上がっていくにつれてさらなる法改正がされる可能性もあるためだ。

独・速度無制限区間標識

以上で例に挙げたとおり、あえて時速100キロが出せるスペックにすることで、運転手もクルマも安全で快適に走行ができるようにしているのである。しかし、これらは昔の国産車のようにパワーでしか最高速度の調整ができなかった時代のことで、今のクルマであればたとえ300馬力でも電子的なリミッターによって速度の制御ができるはずである。

その方法として国土交通省が採用を検討しているのが、「ISA(インテリジェント・スピード・アダプテーション)」というシステム。

イギリスとEUでは、日本に先駆けて2020年5月から販売される全てのクルマに、法定速度を超えて走行した場合にブレーキをかけるか減速させる「ISA」の導入を義務付けようとしている。

「ISA」はカーナビゲーションのGPSと連動させて、特定の地域では一定以上のスピードが出ないように抑制するシステムで、またそれ以外にも飲酒運転やわき見運転などを検知するセンサーの搭載義務付けも検討されているとのこと。

すでにヨーロッパやオーストラリアでは「ISA」の実証実験が行われているが、近い将来は日本でも実験が開始され、その後正式に採用される可能性があるだろう。

テクノロジーの進歩によって、昔では考えられなかったような安全対策が着々と進んでいるのである。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。