「あおり・逆走」 トラブルに遭った場合の対処方法


◇ 「あおり・逆走」に遭遇したらどうする 

近年問題化している「あおり運転」(前方を走る車に対して進路を譲るように威嚇したり、追い回したり、嫌がらせをするなどの危険行為)。

余計なトラブルに巻き込まれないためにも、十分な車間距離をとり、急な割り込み・並進しているクルマへの幅寄せなどトラブルのもととなるような行為は避けるよう心掛けることが重要だ。万が一危険な運転者に追われるなどした場合は、まずは自分の身の安全確保を最優先に考えることが大切。

まず高速道路内でトラブルにあった場合、本線や路肩には停車せず、人の多いサービスエリアやパーキングエリアに速やかに入り、躊躇せず警察に110番通報すること。

◇ 逆走車はおよそ2日に1件のペースで発生 

また、普段高速道路に乗り慣れていない人がとくに注意したいのが「逆走運転」。先日のGW期間でも、残念ながら東北道で逆走死亡事故が起こったばかりだ。およそ2日に1件のペースで発生しているとみられ、高速道路上でのバックやUターン(転回)は絶対に行わないこと。

対処方法について、高速道路の関係者によると、間違えて高速道路へ流入してしまった場合は、入口料金所の通行券を受け取る機械にインターホンがあり、料金所スタッフに申し出、指示に従い戻ることができる

また、目的のインターチェンジを行き過ぎてしまった場合では、絶対に止まったりバックしたりせずそのまま走行し、次のインターチェンジで降りる。インターチェンジ出口では、料金所スタッフがいるレーンを利用し、料金所スタッフに申出ると目的のインターチェンジまで戻れるように案内されるので、指示に従うこと。

報道でも目にする機会が多くなった「あおり運転」や「高速道路の逆走」などのトラブルが発生した場合にもパニックに陥らないよう、対応策などについて、事前に知識として持っておくことが重要。万全を期していれば、万一トラブル発生となった際にも多少なりともパニックは抑えられるはずだ。

事後に備え、事件・事故の際に有力な証拠となるドライブレコーダーを有効に活用するのも一つの手段だ。
まだ搭載されていない方は、自己防衛のためにもおすすめしたい。

Amazonでドラレコをチェック!

〈via くるまのニュース〉

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。