撥水剤と親水剤どう違うの? 

GW週末はお天気日和だそうだ。お天気日和と言えば洗車日和。そこで今回は、洗車した後、自分(DIY)で施工する場合の市販コーティング剤について考えてみたい。

まずコーティング剤のタイプには撥水性と親水性の違いがある。

この使い分けっていったい何なのだろうか。

◇撥水と親水のちがい 

撥水

「液体ワイパー」と一般的にと言われているコーティング剤だ。雨粒をガラスやボディー面から弾いて小さな水玉に形を変えることにより視界を確保するのが撥水コーティング剤。最近では車速が0キロでも雨粒がスライドする超撥水などがある。
振動や風が無いと、水滴となった雨粒が水玉のままその場に留まってしまい、逆に見辛くなったり、そのまま乾くとウォータースポットとなったりする。

メリット

しっかりと撥水加工がされていると、ある程度の車速があれば、走行しているときの前方からの風のいだ勢いけで雨水が流れ飛んでいく。フロントガラスに施工していれば、ワイパーをする必要がないほど綺麗に吹き飛んでいく。

デメリット

風があたりやすい場所では無類の水弾きを見せる撥水であるが、サイドミラーやリアウィンドウなど風が当たりにくい場所だと、水滴が吹き飛ばずに残ってしまい、逆に視界を遮る場合がある。夜間や霧状の雨など、水滴が光を乱反射してしまったり、雨量が少なく無数の水滴ができる場合は見辛さを感じてしまうこともある。
撥水施工後から時間が経つとサイドミラーのガラス面が白くなってしまうので、特にボディーに施工する際は、一気に全面を施工しないで、パーツ毎に1ヶ所ずつ施工することが望ましい

その他、ボディーなど水滴が残りやすいため日差しに長時間あたった場合、水滴のレンズ効果でボディーが劣化したり、水玉に砂埃や汚れがついていると水垢となりやすい。

親水

撥水コーティングとは逆で、雨粒を水玉にかえずに、水が1つのかたまりとなって滴るようにするのが親水コーティングだ。

メリット

薄い水膜のようにガラス面になじませ、水滴を弾かずに視界を確保する。また、水滴中の汚れもいっしょに流してしまうため、ガラス面が乾燥した後、水滴や汚れが残りにくいという効果もある。

デメリット

汚れがついてしまうと一種の撥水状態になる。微妙な撥水状態では、中途半端な水玉が残ってしまい、視界を悪化させてしまう場合がある。また、この中途半端な水玉の中の汚れがガラス面に付着し、さらなる視界の悪化を促進させてしまう可能性がある。

コーティングがなくなってしまったのか、劣化なのか分かりづらく、こまめに洗車とコーティングを行う必要がある。

◇フロントガラス周りは撥水剤 

これはフロントガラスに風が当たるので、走行風によって水滴を吹き飛ばす。つまり、撥水効果は走行風が当たるかどうかで使い分ける必要がある。

逆に撥水されてしまって風が当たらない場合はどのような弊害が生まれるか。

撥水をしないほうがよい場所

撥水すると小さな水玉になるため、特に夜の暗いときに対向車のライトなどが乱反射して視界が悪くなってしまう。つまりせっかく撥水性を高くしても、水が切れずに残ってしまっては逆に困るということだ。

この困る場所というのが、サイドミラーとリアウインドウだ。

風が当たらないリア部分は親水剤を利用する

管理人自身、昔は撥水剤は車のガラス部分にとにかくつければよいだろうと考えていたが、雨の夜間の駐車などで全く後ろが見えないなんてことがたびたびあった。

上記の通り、サイドミラーを撥水処理させてしまうと後ろの車のライトが残った水滴に乱反射してしまうわけで、そういった場所では(あくまで好みの問題だが)親水剤を利用したほうがよいということになる。

親水剤では、下部分に水がたまるような形になるので若干視界が悪く感じられるが、何もつけていないよりも良いという意見もある。

初めは親水剤をリア部分で試してみて、水切りが気に入ったらサイドミラーで試してみると良いと思う。

◇愛車の保管状況に合わせて選ぶと効果的 

愛車の保管状況にあわせてコーティングを選ぶと、より高い効果、耐久性維持を得ることができるようになる。

例えば、しっかりとした屋内駐車スペースがあり、洗車もマメに行えるならば、どのタイプを選んでも問題はない。問題なのは屋外の駐車場を利用している人の場合で、撥水タイプでは雨汚れやウォータースポットが付着する可能性もあり、雨上がりの洗車が必要になるというひと手間も必要になる。

一方、汚れが付きにくく、手入れが楽という親水タイプであれば、屋外駐車が多い方でもその効果を存分に感じることができるだろう。

もちろん、車庫の立地だけでなく、雨天時の使用状況も人それぞれである。

もっとも重要なのは、愛車の保管状況や使用状況についてしっかり考慮した上で、最適なコーティングを施工すること

◇おすすめコーティング品 

カーグッズショップやホームセンターには様々なコーティング剤が販売されている。ここでは、メジャーな商品で手軽に安くDIYで施工できる撥水、親水コーティング剤を紹介する。

シュアラスター:ゼロウォーター(親水)


さらに進化!驚きのつるつるボディシュアラスター SurLuster S-109ゼロウォーター 親水タイプ バリューパック 280l×2本[小型 20kgサイズ]

使い方は超簡単!洗車の拭き取り時に、スプレーしながらふき取るだけ。スプレーする目安は、50㎝四方にワンプッシュ。

シュアラスター:ゼロウォータードロップ(撥水)

施工すると水滴がコロコロと面白いように流れていき、これこそ“ドロップ”効果という感じ。ちなみにこのゼロウォーター ドロップ、親水性のゼロウォーターと併用することも可能。ダブルで施工することで、艶と水弾きの両方が得られる。

シュアラスター:ゼロプレミアム

ゼロシリーズのフラッグシップ商品。 強力な耐久性被膜で愛車を保護(耐久性6ヶ月) 耐久性被膜により、長期間汚れなどから愛車を保護。何度も使用を繰り返すことで、汚れが落ちやすいボディになり、洗車が楽になる。

ソフト99:glaco(ガラコ)

おなじみウィンドウケアのガラコシリーズ。おもに効果重視のシリコン系と耐久性重視のフッ素系がある。
シリコン系ならこれ。

さっと簡単に塗れて驚きの効き目!約45~60km/hで雨がはじき飛び、爽快な視界でワイパー要らずだ。

フッ素系ならこれ。

従来の約6倍の寿命を実現した超持続性ガラスコーティング剤。ワイピングの摩擦や砂塵、洗車機・洗剤にも耐える強力フッ素皮膜を維持。油もはじくフッ素皮膜だから油膜や汚れ、ウォータースポットもつきにくい!

ミラーにはこれ。

スプレーするだけで拭き上げは不要。超超撥水仕様なので車が止まっていても雨はミラーにつかない。

 

TOP-SUPER:ピカピカレインシリーズ

シュアラスターのゼロシリーズより値は張るが、2年から3年間ノーワックスOKと耐久性は抜群、管理人もこの商品を利用しているので是非ともオススメしたい。

特に塗装がデリケートで高価な輸入車オーナーにはオススメだ。

ピカピカレインの特徴は皮膜硬化後、車の塗装面が無機質のガラス(sio2)となり、ガラス系ではなく、正真正銘の硬度9Hのガラス質に変える新型ガラスコート。その保護膜は約3年間持続する

ガラス成分が塗装面に入り込み、小キズ程度なら目立たなくなり、まるで新車のような輝きが蘇る。別次元の艶と光沢で、深みのある漆黒のような艶を兼ね備えたガラス被膜のため、鳥の糞や虫の死骸といったこびりついた汚れもカーシャンプーなしで簡単に除去が可能。 深夜のドライブ後や青空駐車も洗車が楽に。

容量は25ml。たったこれだけでもピカピカレインは非常によくのびるため、大型車も余る程の容量だ。そしてボディーだけでなく、ホイール・エンジンルーム等にも塗布でき、ホイールにもガラスコーティングしておけばホイールについた汚れも簡単に落とせる!とくに輸入車のブレーキダストの清掃にいいだろう。

 

いよいよGWも終盤。

旅行やドライブで汚れた愛車をきれいに洗車、コーティングして清々しい生活を。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。