知ってた?高速道路のルールと走り方 追越車線に居座ると違反!


クルマでの長距離移動の時間をお金で買ってグンと短縮してくれる高速道路。

だがそんな便利な高速道路にも交通ルールが存在する。そこで今回は、GWと相まって高速道路でのルールと走り方、またうっかりやりがちな交通違反についても確認しておきたい。

 

 高速道路のルールと走り方

追越車線をずっと走るのは違反

高速道路の一番右側の車線は、通称「追越車線」と呼ばれている。この追越車線を、前車を追い越す以外の目的で走り続けているクルマを見かけたことはないだろうか?

追い越しするために車線変更をしたけれど、うっかりそのまま走ってしまったという方もいると思うが、追越車線を走り続けるという行為は、「通行帯違反」に当たる。

この「通行帯違反」について道路交通法の第二十条一号には、以下のように明記されている。

「車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に3以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。

この法令によると、3車線以上の道路では車両は一番右の車線を通行してはいけない決まりとなっている。

また、追越車線を通行していい場合の条件として、第二十条三号では、

「車両は、追越しをするとき、第二十五条第一項若しくは第二項、第三十四条第一項から第五項まで若しくは第三十五条の二の規定により道路の左側端、中央若しくは右側端に寄るとき、第三十五条第一項の規定に従い通行するとき、第二十六条の二第三項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、第四十条第二項の規定により一時進路を譲るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前二項の規定によらないことができる。この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。」

としている。

これによると、追越車線を走行できるのは、追い越しを行う場合や緊急車両などに道を譲る際、道路の交通状況などでやむを得ない場合のみなのである。

「通行帯違反」の罰則は、

行政処分:基礎点数1点、反則通告制度:大型車7000円、普通車6000円。

取り締まりを受ける距離について明確な決まりはなく、警察の判断に委ねられているので、前の車を追い抜いたらすぐに元の車線に戻ることを心がけたい。

「追い越し」と「追い抜き」

道路交通法では、この似て非なる2つの用語それぞれに明確な定義が決められている。

しかし、普段その違いを意識して使い分けている人はほとんどいないのではないだろうか。

追い越し

2車線以上の道路で前を走行している車を抜かすために、右側の追い越し車線を使って抜き、元いた車線に戻ること。

進路を変え右側を走行するのは慣習的なものではなく、道路交通法2条に規定されている。また、追い越しのやり方については、道路交通法28条に規定される。

第二条

二十一 追越し 車両が他の車両等に追い付いた場合において、その進路を変えてその追い付いた車両等の側方を通過し、かつ、当該車両等の前方に出ることをいう。

第二十八条

車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両(以下この節において「前車」という。)の右側を通行しなければならない。

追い越しするための進路変更は、前の車との車間距離が確保するべき車間距離よりも短くなったときに始めなければならないことに注意。

また、事前にウインカーを点け、後方確認をした後におこなう余裕も必要だ。

追い抜き

進路を変えないで(車線変更をしないで)進行中の車の前方に出ること

つまり、車線変更をしなくても前の車を抜かすことができる状態で抜かすことは「追い抜き」になる。

ハンドルを切らずとも前方の車を抜かすことができるケースだ。

日本では、一般道・高速道路問わず、自分が走行している車線の右側車線、左側車線のどちらの車を抜かしても道路交通法違反にはならないため、追い越しとは違って追い抜きでは特に法律の制限はない

つまり、高速道路においても、自分が走行車線を走行したまま、追い越し車線に居座る遅い車を追い抜いて(左抜きして)も問題ない、ということだ。

(図:赤線は違反青線は問題なし

追い越しと追い抜きの違いを一言で表すと、

隣の車線に移動して前方の車を抜くのが追い越しで、車線異動をせずに抜くのが追い抜き

ということである。

 勘違いから起こる交通違反

最低速度以下で走る

高速道路でやってしまいがちな交通違反というと、誰もがスピード違反を思い浮かべるだろう。また、自分はそんなに飛ばさないから問題ないと思っている方も多いのではないだろうか。

しかしながら、高速道路ではスピード違反の逆で、「最低速度違反」でも取り締まりを受けることがある。

高速道路の最低速度は時速50Km/hと定められているので、それ以下の速度で走ることはすなわち違反である。

「最低速度違反」についての法令が明記されているのは、道路交通法第七十五条四号である。


「自動車は、法令の規定によりその速度を減ずる場合及び危険を防止するためやむを得ない場合を除き、高速自動車国道の本線車道(政令で定めるものを除く。)においては、道路標識等により自動車の最低速度が指定されている区間にあつてはその最低速度に、その他の区間にあつては政令で定める最低速度に達しない速度で進行してはならない。」

高速道路での走行は、速すぎても遅すぎても取り締まりの対象となることに注意されたい。

なお、「最低速度違反」の罰則は、行政処分:基礎点数1点、反則通告制度:大型車7000円、普通自動車6000円だ。

逆走する

昨今、ニュースでも度々問題となっている高速道路の逆走。なぜそのような間違いが起こるのかと、不思議にというか、信じられないと思っている方も多い。

しかし、知らない街、知らない道を初めて走ると、ふとした勘違いや焦りで起こってしまうアクシデントのひとつだ。下道での例を言えば、一方通行路への進入などが挙げられる。

 逆走した場合に問われるのは、「通行区分違反」だ。逆走をしたことで事故が起きなかった場合に問われるのは、本来の通行部分と異なる部分を通行したことへの罰則となる。

「通行区分違反」について明記されているのが道路交通法第十七条四号。


「車両は、道路(歩道等と車道の区別のある道路においては、車道。以下第九節の二までにおいて同じ。)の中央(軌道が道路の側端に寄つて設けられている場合においては当該道路の軌道敷を除いた部分の中央とし、道路標識等による中央線が設けられているときはその中央線の設けられた道路の部分を中央とする。以下同じ。)から左の部分(以下「左側部分」という。)を通行しなければならない。」

重大な事故につながる可能性が高い高速道路での逆走。現在逆走に特化した法令は無く、意外に罰則が軽いものだが、ひとたび事故を起こしてしまった場合の過失割合は原則、文句なしの「加害者(逆走):被害者=100:0」だ。

なお、通行区分違反の罰則は、行政処分:基礎点数2点、反則通告制度:大型車1万2000円、普通自動車9000円だ。


バイクの2人乗り

一般道では、免許を交付されてから1年が経過すると可能となるバイクでの二人乗りだが、高速道路ではその条件が運転免許の交付から3年以上かつ20歳以上に変わることに注意。

条件を満たしていない場合は「大型二輪自動車等乗車方法違反」に該当する。

道路交通法 第七十一条 四号四。

「第八十四条第三項の普通自動二輪車免許を受けた者(同項の大型自動二輪車免許を現に受けている者を除く。)で、二十歳に満たないもの又は当該普通自動二輪車免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)が通算して三年に達しないもの(当該免許を受けた日前六月以内に普通自動二輪車免許を受けていたことがある者その他の者で政令で定めるものを除く。)は、高速自動車国道及び自動車専用道路においては、運転者以外の者を乗車させて普通自動二輪車を運転してはならない」

「大型二輪自動車等乗車方法違反」の罰則は、行政処分:基礎点数2点、反則通告制度:1万2000円となる。

高速道路では速度域が高い分、小さなミスが大惨事につながる。重大な事故が起きないよう、まずは正しい交通ルールを確認されたい。

〈via くるまのニュース〉

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。