高齢化社会と高齢ドライバー 「運転適性」の問題、そして「合否のある試験」の必要性


先日の池袋の事故の件はいろいろ物議を醸すといいますか。。。
高齢ドライバーの問題は社会インフラの問題にも直結しているのでなかなか難しいものがあります。
正直、地方郡部の田舎では車なしではどうにもなりません。
半径200mどころか1Kmぐらいまでコンビニすらない。

おまけに高齢化もどんどん進み、月一回、年間で12回以上の「お葬式の通知」が来る地域もあるほど。
どんだけ高齢化しているやら。

しかし、管理人近辺で「免許を返納した」人の話は職場隣の旦那さんぐらい。。
しかしまあ、娘と奥さんの目の前で駐車場の壁にバックで突っ込んで。快晴の真っ昼間なのにカミナリが落ちたと思うくらいものすごい音で。怪我しなくてよかった。

「運転適性」の問題と、「合否のある試験」は絶対に必要

さて、75歳以上の免許更新は「認知機能検査」っていうのがあるのですが。。。
70歳以上には「高齢者講習」っていうのもありますな。

たとえば認知症の症状が出ているってことは一種の病人なわけだから免許更新は難しいのはわかる。
病気かそうでないかを検査するのはある意味当たり前。

70歳以上の高齢者講習には実技の指導もある。
で、問題なのはここでして。
あくまで「指導」なのだ。
だから、指導を受けたあとは免許の更新ができてしまう

普段の運転が「間違っている」「危険」なことを認識してもらうのには確かに有効。だが、全員更新はおかしい。。。
なぜなら、仮免許をとった時のことを思い出してほしい。
縁石に乗り上げた時点で仮免許は落ちる。
一時停止や信号の見落としだって同様。
停止線を越えてしまえば大減点。

つまり高齢者講習はあくまで講習だから免許更新の是非を決めるものではないわけだ。
縁石に乗り上げようが信号無視しようが更新はされてしまう。

これじゃ意味ないというか。。。
恐らく、頭でわかっているけど(わかってない場合もあるが)体が付いてこない。
ブレーキを踏もうと思ってブレーキを踏むまでの反射時間も長くなるし、もう決まり文句の「うっかりアクセルを踏んでしまった」わけだから、危険極まりないのは事実。
事故を起こした大体の高齢者はその場に立ち尽くしたり、家族に連絡したりするそうですな。
ある種の「パニック」に陥っているわけで、本来の救護義務はどこへやら。すっかり飛んでしまうようで。

誰だって事故はしたくないしされたくない。
人身なら余計にですよね?

免許は書いて字の如くで免じて許すわけで。お上が。
だから取得するのは運転免許だけでなく大変なことが多いです。
でもそれを取り消しや剥奪されるのって、よっぽどのことがない限りはないですよね。。
更新さえしていれば。

ある日旅先で体調を崩して近場の病院に駆け込んだ時、自力で歩けないようなヨボヨボの老医師がでてきたら皆さんはどう感じますか??
車が故障して整備工場に入ったら杖を使わないといけないような老整備士がでてきたら?
町でタクシーを拾って乗ったら超高齢な運転手さんだったら??

いや、どちらも熟練の技を恐らく持っているのでしょう。
どんな高齢でもきちんと免許を持って長く開業しているわけですから。
でも、なにやら「不安」になりませんか?

何でもかんでも「免許」を持っていればいい、ってものでもないのかな、と思うわけですよ。
だから、実技が伴わないのなら免許更新不可にするようなことにしないとダメかなって思います。個人的に。

とても面倒だしやる側の体制や法規制それからキャパの問題などいろいろあるとは思うけど、年齢に関係なく何年か、または更新の何回か(またここで議論は起こるとは思うけど)に一回は「講習」とか「指導」ではなく、試験が必要だと思う。

交通法規のペーハーテストや何分間かないしは何種類かの運転技能テストのようなものが必要で、おまけに身体検査や運動能力テストのようなものをやらないとダメなだとおもう。

それもある一定の年齢ではなく、免許取得後の年数で。
忙しいのはみな同じ。
でもある種、命を扱う免許はそうすべきではなかろうか。

年齢別に事故率・違反率の低い40・50歳台は薄めに、それ以外の年齢は手厚く試験をしないと初心者の事故・違反も高齢者のそれもいつまでたってもなくなっていかないと思います。

各種のセンシング技術やAIなどの技術を使って衝突回避機能や運転補助機能の付いている車も随分と普及はしていますがおそらくは完全自動運転の車はまだ当分かかるでしょう。

最近のハイブリッド車や電動車の特性もつかんでから乗ってほしい。

アクセルONでモーターはいきなり最大トルクを発生します。
だからあの日産セレナやノートのCMのようにアクセルべた踏みシーンは放映すべきじゃない。
あんなことしたら急発進急加速のスクランブル発進ですな。

それもわかっている人はわかっているけど中にはモーターの車はああやって発進するんだ、って思う人もいると思う。
いや、むしろモーター車のほうこそ、そっとアクセルを踏まないと危ない。
アクセルOFFだってあたかもブレーキを踏んだがごとく減速するようなイメージの映像だけど、決してそんなものじゃない。
あの腰高なセレナが下りのヘアピンカーブでアクセルOFFだけで回れるなんて思っちゃいけない。
ガソリン車のATのDモードよりはエンジン(モーターか?)ブレーキが効くよ?っているレベルだから。

免許を与え続けるためには途中で一定の試験で篩いにかけないといけないかな、って思います。飛行機のパイロットなんかまさにそうですよね。
池袋の事故も事故を起こした当人は当初「アクセルが戻らなくなった」と息子に話したといいます。
以前確かに足元のマットが邪魔をしてアクセルが戻らなくなる事故がアメリカで多発しました。
でも日本では起こっていません。
日本仕様とアメリカ仕様ではアクセルの方式が違うからです。
アクセルが戻らなくなった、じゃなくて戻せなくなったないしは戻そうと思ったけど足が悪くて戻せなかった、ないしは戻したと思ったけど戻ってなかった、のどれかのはず。

とにかく事故でお亡くなりになった方のご冥福をお祈りするとともに、負傷者の皆様の一日も早いご快癒をお祈りいたしております。

90歳でも運転の大変上手な方もいらっしゃいます。だから年齢ではないとおもいます。
性格を含めた「運転適性」の問題。
だから「合否のある試験」は絶対に必要だとおもいます。。。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。