「週末ノーマルタイヤにしたばかり…」まさかの雪に高速道路“大混乱” 立往生で一時通行止めも



深々と降り、道路上に積もる雪…。10日午前9時過ぎの岐阜県高山市、東海北陸道・飛騨清見インターチェンジの入口の様子です。

 NEXCO中日本の職員が、高速に入るバスやトラックを1台1台停め、冬用タイヤを履いているかどうか確認しています。しかし「季節外れの雪」の影響で、この直後、飛騨清見インターから南側の一部区間が通行止めとなりました。

 NEXCO中日本が設置し、HPで公開しているライブカメラの画像を見ると、飛騨白川パーキングエリアなどには全く雪はありませんが、その南側、荘川インターのあたりは雪景色となっていました。

 午後1時過ぎの画像からは、高山市の荘川インター、郡上市の高鷲インターは道路の両側に雪が積もっているのが確認できます。

 NEXCO中日本などによりますと、午前9時20分ごろ、上りの松ノ木峠パーキングエリア付近の坂道で、大型トラックが雪で立ち往生し、飛騨清見~荘川間が通行止めに。その後も他のトラックなどが雪で立ち往生したりしたため、通行止めの区間は郡上市の白鳥インターの上下線まで拡大されました。

ノーマルタイヤで圧雪された路面を通るのは、どれだけ危険なのでしょうか?

 JAFが公開している映像を見ると、スタッドレスタイヤではブレーキを踏んでからおよそ17メートルで停止しますが、ノーマルタイヤではおよそ30メートルも進んでしまうことが分かります。

 NEXCO中日本は今回、立ち往生した車の中でノーマルタイヤの車は確認できていないとしていますが、「飛騨地方の山間部を通過する東海北陸道は天気が急変する場合があるので、引き続きスタッドレスタイヤなどを装着してほしい」としています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。