少年4人乗った車が横転 1人死亡3人けが  仙台市・太白区



6日夜、仙台市で18歳の少年4人が乗った軽乗用車が歩道に乗り上げてひっくり返る事故があり、後部座席にいた男性が死亡し、ほかの3人もけがをしました。

6日午後9時ごろ、仙台市太白区芦の口で軽乗用車が道路脇の歩道に乗り上げひっくり返る事故がありました。

この事故で軽乗用車は屋根が大きくつぶれ、付近には車のものとみられる破片が散乱していました。

軽乗用車には18歳の少年4人が乗っていて、このうち後部座席にいて車外に投げ出された仙台市太白区八本松の会社員今野柔さん(18)が頭を強く打ち、市内の病院に搬送されましたがおよそ1時間半後に死亡が確認されました。

また、ほかの3人もけがをして病院で手当てを受けています。

現場は片側2車線の緩い左カーブの下り坂で、警察は運転していた少年が何らかの原因でハンドル操作を誤ったとみて、けがの回復を待って当時の状況を聴くなど事故の原因を詳しく調べることにしています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。